読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is Naomi

学び、気付きのキロク

新入社員の「会社行きたくない病」に対する2つの処方箋

f:id:nao0omin:20161120195605j:plain

私は新入社員ですが、昨日の朝、つまり土曜の朝起きて「2日後には会社に行かなきゃいけないんだ…」と思うくらいには会社に行きたくないです。程度は違えど、この「会社行きたくない病」は多くの人が通る道なのではないかと思います。

 

では、なにゆえこの病にかかるのかと言うと、自分に自信があるから、なんじゃなかいかなー、と。私の場合は。いろいろなケースがあると思いますが。

 

このくらいはできると思ってもできない、ここまでやろうと思ってもできない。指示されたことができない、というかそもそも指示していることの意味がわからない、意味が分かったところで何をすべきなのかわからない。そしてそして、先輩に「感覚」なんて言われてしまったらなーーーんにもわからない!

 

長年そこで仕事をしている人と比較してしまうと、私たち新入社員は圧倒的に知識がないし、経験もない。同じものさしで計ろうとしたり、同じ壇上で戦おうとなんてしたら、圧倒的な劣等生になってしまうと思うんです。今までそこそこ上手く行ってきて、なんとなく自信なんて持ってしまったから、「なんで上手くいかないの…」と小さな自信を失って、なんとなく会社に行きたくなくなる、これが「会社行きたくない病」の病態ではないかと。

 

ではここで、何が処方箋(解決策)になるかと言えば、
・何もできないことを受け入れる
・先輩と同じ壇上には立たない
この2つかと。(自分に言い聞かせています)

 

・何もできないことを受け入れる

今までできてきたことなんてたいしたことじゃないんです。今までできたことなんて忘れてしまって、目の前のことをできるように頑張ればいい。持っていた自信を大きくするために、今の小さな自信は一旦捨ててしまってもいいんです。絶対大きくなって返ってくるから。

 

・先輩と同じ壇上には立たない

確かに仕事の知識・経験は圧倒的に足りません。でもそれだけが仕事の成果を分けるわけではないと思うんです。だって若くても成果が出せる人はたくさんいます。じゃあ、知識も経験もなくて、どうしたらいいのか。それは視点を変えることだと思います。視点を変えて、違う壇上で戦えばいい。若いからできること、自分にしかできないことは必ずあるはずです。

 

(自分に言い聞かせています)

 

いやでも月曜日はやってきます。会社に行きたくないと思ったとしても、会社がいやなわけではなく、ただできない自分を受け入れられてないからだと思っています。きっとそういうときに、ナニクソって思わなきゃいけないんでしょうが、私にはできません。だから、こうやって自分の気持ちを言葉にして、自分の立っている位置を見つめ直して、「まぁ、いつか楽しくなるか」。そう思って、明日もちょっと憂鬱な気持ちとともに出社しようと思います。(根暗ですね)